個別授業は、学校の内申点アップ対策に役立つ授業を行います。
大学進学に推薦入試をお考えの方に最適な学習コースです。生徒個々の対策ができますので、わかりやすく納得できる学習ができます。


全校舎で開講しています。どちらの高校に在籍されていても学習できます。
指導教科は数学と英語です。

個別授業は、曜日・時間帯の選び方の自由度が比較的高く、さらに自習室で学校帰りにも勉強ができます。自由カリキュラム授業は、塾生の要望により学習する教材や、学習内容を決められます。個別授業ならではのメリットです。


演習授業

1.予習の時間が短縮できる

「塾の授業=学校の予習・復習」ですから、塾で勉強することで予習・復習ができます。しかも、わからないところは質問でき、納得度の高い学習ができます。

2.学校の授業がわかりやすくなる

学校準拠授業では、学校で使う問題集を使用します。塾で勉強した後、学校で勉強をしますから、学習内容はずいぶんわかりやすくなります。

3.定期考査の得点があがる

普段の授業から、定期考査に的を絞った学習を行いますので、毎授業で、テスト対策をおこなっているのと同じです。最後の仕上げに定期考査対策(無料)を受ければ、得点力は大幅にアップします。

4.内申があがり推薦入試に備えができる

推薦入試は、高1からの成績により合否が決まるため、高校の定期考査でよい成績をとることが重要です。自彊塾の学習プログラムは、高校の定期考査に的を絞り込んだ効率的な勉強ができるので、日々の勉強がそのまま推薦入試に役立ちます。部活と勉強の両立を可能にし、定期考査で高得点を取るための学習プログラムです。

5.入試の基礎固めができる

国公立大学受験に必要な数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学Bは、それぞれ高1、高2での学習内容が出題されます。受験勉強に入る高3になって最初からやり直すことは時間的に無理があります。それだけに高1・高2での学習時に、しっかりと基礎固めを行うことが受験で成功するコツです。英文法や英語構文にしても高2の終わりまでに基礎を作り上げ、高3の最初にはある程度センター試験が解けるレベルになっていることを目指しましょう。このレベルまで学力を伸ばしておけば、難関大学進学がぐっと近づいてきます。

大学受験での合否は普段から基礎固めをどれだけやりこんだかにかかっています!

学習指導学年高校1年生〜2年生
学習科目数Ⅰ・数A・数Ⅱ・数B・コミュニケーション英語・英語表現のうち、1科目から選択していただけます。
対象の高校すべての高校・コースに対応しています。

 


合格実績

国公立大学 59名

大阪大学 5名
神戸大学 3名
九州大学 2名
兵庫教育大学 2名

 

 広島大学 8名
 岡山大学 4名
 京都工芸繊維大学 2名
 兵庫県立大学 6名

など

関関同立大学 71名

関西大学 25名
関西学院大学 27名
同志社大学 11名
立命館大学 8名