クラス学習指導 Vコース

「場の力」はすごい!

アットホームなクラス授業には、心地よい緊張感から醸し出される集中力があふれています。
良好な雰囲気は、良好な学習環境を生み出し、先生と生徒がともに作り出す「場の力」により、
一人ではできない勉強量を無理なくやりこなしています。

◆ 「やる気スイッチ」の入れ方

やる気の源泉の一つに「膨らんでいく自分に対する期待」があります。「生徒を認めること」
「生徒に期待を寄せること」が生徒が自分自身への期待を膨らませる第一歩です。
声掛けや生徒との会話の中で自然と生み出す活動を積極的に行っています。

クラス授業の種類について

◆ V5コース

5教科(数学・英語・理科・国語・社会)を学習します。
レギュラー授業:週2回来塾(140分×2回)
補習授業:欠席や確認テストにより未習熟の場合は、補習を実施。
対策授業:定期考査対策として、平日、土曜日、日曜日などに模試演習などを行います。

◆ V2コース(中1のみ設定)

2教科(数学・英語)を学習します。
レギュラー授業:週1回来塾(140分×1回)
補習授業:欠席や確認テストにより未習熟の場合は、補習を実施。
対策授業:定期考査対策として、平日、土曜日、日曜日などに模試演習などを行います。


授業の内容について

◆ R授業・・・平素の授業しっかり基礎作り  スラスラ解けるまでやりこもう!

教科書内容を基礎から応用までしっかり学びます。応用力育成に不可欠な基礎力は、基本問題がスラスラ解けるまで練習することで作り上げます。基礎学力は平素の練習から生まれるので、生徒にはその重要性を伝えています。

◆ 実践テスト・・・数学・英語定期考査範囲を一気にチェック!

実践テストは定期テスト約2週間前に、習熟をチェックするテストです。
テスト範囲で分かっていない箇所やできていない箇所をじっくりと徹底して復習します。分からないところが分かるようになると楽しくなり、勉強に対する気持ちが前向きになります!

◆ 対策授業・・・定期考査2週間前

定期考査約2週間前から対策授業を始めます。
目標達成に向けて、模擬試験をフル活用し弱点をひとつずつクリアしていきます。

◆ 直前対策授業・・・土・日・前日

テスト前の土日を使って、対策演習をじっくり行い、まちがった問題を自分のものにします。
5教科すべてを完成させ、各生徒ごとの目標達成をめざします。


伸びる!JIKYOの勉強法

1.楽しめる人が伸びる!

中学生のみなさん、勉強を楽しんでいますか?させられている感覚の人は、勉強はあまり楽しくないかもしれません。一方、勉強のやり方がわかってくると「勉強はおもしろい!」と感じている人もいるでしょう。見方を少し変えるだけで、勉強は伸び方が変わります。

2.やる気の出し方!

「やる気をだしなさい」と言われてもやる気はでません。ゲンコツやペナルティでいやいや勉強をさせられても、頭はたいして動きません。一番は、本人が「やりたい、やろう」と思うことです。「この高校に行きたい」「テストで90点を取るぞ」と毎日毎日本気で願ってください。「やるか」という気持ちになります。自彊塾では、「やる気をだすためのカウンセリング」を行っています。その効果をお試しください。

3.効率のいい勉強法!

「まちがった問題」を大切にすることが最良の勉強法です。「まちがった問題」は「あなたはここが理解できていません」と教えてくれます。ですから、その問題が解けるように復習し、記憶力の図日をおいて改めて解けるかどうか確かめることをするだけで、成績はグングン伸びます。 もうひとつの勉強法は「3回解きなおす」「3回覚えなおす」です。人間の脳は3回やり直すことを常に求めています。その法則に従って勉強すると、やはり学力はグングン伸びます。